本当に効く乳酸菌サプリ☆売れ筋おすすめ腸活サプリランキング【菌活2018年版】

快腸ですか?乳酸菌を摂って腸内環境を整えると毎日が快適に過ごせます。もしそのまま放置するすると腹痛や便秘に悩み続けることに。このサイトではおすすめ乳酸菌サプリと乳酸菌のすごいパワーを紹介します。

複数の果物

乳酸菌の効果とは?

花粉症に効く食べ物は?ヨーグルトだけじゃないおすすめ食材一覧

更新日:

花粉症はツラいけれど、市販鼻炎薬や市販薬に頼るもの、ましてや病院で治療するのは気が引ける…。
そんな人にこそ取り組んで欲しいのが、食べ物を活用した花粉症対策です。

毎日の食生活で摂り入れるだけで、花粉症症状の改善に期待できるのはとても便利。
効果効能を調べてみると、さらに効率よく手軽に続けられる話題のやり方も発見しました!

腸内環境を整える食べ物

善玉菌を増やし悪玉菌を抑える整腸作用は、免疫力を高めるのに役立つため花粉症対策にも有効です。

納豆や味噌、甘酒といった発酵食品はもちろん、ヨーグルトの乳酸菌やビフィズス菌も善玉菌の代表的存在。
さらに、善玉菌のエサとなって働いてくれる食物繊維やオリゴ糖も、花粉症対策として積極的に摂りたい食べ物と言えるでしょう。

腸内環境を整えて免疫力を高めるのは、花粉症以外のアレルギー物質やアレルギー原因にも良いアプローチとなってくれます。

▼腸内環境を整える食べ物の例

  • 発酵食品(味噌、納豆、甘酒、奈良漬け、キムチ、漬物、ピクルス、塩麹)
  • 食物繊維
  • オリゴ糖

IgE抗体に働きかける食べ物

花粉症でアレルギー反応を起こすのは、リンパ球がIgE抗体を作り肥満細胞から化学物質のヒスタミンが分泌されるため。
そこで、IgE抗体の過剰な生産を抑えたり活動を抑制すれば、くしゃみや鼻水、鼻づまりを抑えることができるのです。

アレルギー対策として注目を集めているヨーグルトは、まさにIgE抗体の活動を抑制するのに役立つ食べ物。
今ではウイルスや花粉症対策、ダイエットに効果が期待できる機能性ヨーグルトも増えていますね。
また果物ならイチゴ、野菜ならレンコンがIgE抗体の過剰生産を抑えられますが、レンコンには喉の痛みや鼻水を抑えるタンニンも含まれています。

▼IgE抗体に働きかける食べ物の例

  • ヨーグルト
  • イチゴ
  • レンコン

ビタミン配合の食べ物

ビタミンは種類によって、さまざまなアプローチの花粉症対策に取り組めます。

鶏レバーやあんこうの肝、うなぎに多く含まれる「ビタミンA」は、粘膜を強くする働きがあるため、鼻や喉のケアに役立つビタミン。

きくらげやかつお、しらすなどに多く含まれる「ビタミンD」は免疫調整ホルモンに欠かせない栄養素なので、アレルギー作用に負けない免疫力のアップに良いアプローチとなってくれます。

またレモンや青汁、アセロラに多く含まれる「ビタミンC」は、抗ストレスホルモンの材料としてお馴染み
花粉症が酷くアレルギー体質の人なら、積極的に摂取したい成分と言えるでしょう。

▼ビタミン配合の食べ物の例

  • 鶏レバー
  • あんこうの肝
  • うなぎ
  • きくらげ
  • かつお
  • しらす
  • レモン
  • 青汁
  • アセロラ

EPA・DHA含有の食べ物

青魚に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)は、免疫機能を正常化する不飽和脂肪酸です。

EPAやDHAは、血液サラサラ効果でコレステロールや中性脂肪を下げるので話題となりましたが、最近では花粉症を始めアレルギー予防としても注目。
またEPAやDHAに変化するα-リノレン酸を含んだエゴマ油やアマニ油も、アレルギー食品との摂取がおすすめされていますが、酸化しやすいのが弱点です。

エゴマ油やアマニ油を使う際は、加熱しなくても良いサラダなどに活用するのが良いでしょう。

▼EPA・DHA含有の食べ物の例

  • 青魚
  • エゴマ油
  • アマニ油

ヒスタミンを抑制する食べ物

食べ物による花粉症対策ではIgE抗体を抑えるだけでなく、肥満細胞から分泌される化学物質のヒスタミンの放出を抑制するアプローチも可能です。

アレルギー薬を使ったアレルギー治療でなく、もっと手軽に取り組める花粉症対策として注目されたのが、ポリフェノール。

このポリフェノールのアントシアニンこそ、花粉症の原因となるヒスタミンの放出を抑制してくれるのです。
アントシアニンが多く含まれる食べ物はブルーベリーや紫いもがありますが、ふきに含まれるフキノール酸というポリフェノールも同じ働きをもっています。

▼ヒスタミンを抑制する食べ物の例

  • ブルーベリー
  • 紫いも
  • ふき

それぞれの症状を抑える食べ物

杉の木
花粉症の症状でもくしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみといった自覚症状を少しでも抑えたい人は多いはず。

実はしそやローズマリー、レモンバームに含まれるロスマリン酸は、鼻炎症状を抑える働きがあるため、花粉症対策にぴったりな食べ物たち。
またダイエット食材としてもお馴染みのバナナは、くしゃみや目のかゆみといった花粉症症状の改善が確認されたデータもあります。
※バナナの定期的摂食がヒトスギ花粉症に及ぼす影響 [研究概要] (http://www.banana.co.jp/pro/special/overview01.html

バナナやしそは毎日の食事でもとりやすい反面、ローズマリーやレモンバームといったハーブ類は好みが分かれるかもしれませんが、花粉症のアレルギー疾患で悩む人にはおすすめです。

▼それぞれの症状を抑える食べ物の例

  • しそ
  • ローズマリー
  • レモンバーム
  • バナナ

免疫細胞を活性化する食べ物

アレルギー科で花粉症のアレルギー患者向けに紹介されているのが、免疫細胞を活性化する食べ物の摂取です。

抗酸化物質のフィトケミカルは、免疫細胞を活性酸素から守る働きがあり、免疫栄養学でも研究が進められているひとつ。
また、炎症反応やアレルギー反応を抑える働きも期待されているので、花粉症対策でも抗酸化力は注目したい作用です。

フィトケミカルが多く含まれている食べ物は、色の濃い緑黄色野菜やきのこ、または香りが特徴的なにんにくやネギ、そして海藻類が当てはまります。
毎日の食事では不足しがちな食べ物が多いですが、意識して摂取していきましょう。

▼免疫細胞を活性化する食べ物の例

  • しそ
  • ローズマリー
  • レモンバーム
  • バナナ

花粉症対策に避けたい食べ物

花粉症に効く食べ物があれば、同じように花粉症の症状を悪化させる食べ物もあります。
アレルギー治療のように食べ物を食べて即、花粉症が治ることはないですが、少しでもアレルギー緩和を期待して、悪化させる食べ物は避けるのが良いでしょう。

トマトやほうれん草、なす、たけのこは、花粉症症状の原因でもあるヒスタミンを多く含むため、加熱処理して食べるのがベスト。
また、ビールや日本酒に含まれるアセトアルデヒドは、鼻の症状を悪化させるため、アルコールも避けた方が安心です。

加えて、ハムやソーセージといった加工食品に含まれる亜塩酸塩は、過敏性を高める刺激物質が含まれていので、注意が必要。
また、トランス系脂肪酸は免疫力を低下させたり、辛い食べ物は鼻の粘膜にある毛細血管を刺激するため、これらも避けましょう。

▼花粉症対策に避けたい食べ物の例

  • トマト
  • ほうれん草
  • なす
  • たけのこ
  • アルコール
  • 加工食品
  • トランス系脂肪酸
  • 辛い物

より手軽に摂取できるサプリメントもおすすめ

花粉症対策として、色々な方法で役立つ食べ物が数多くありますが、やはり調理方法が決まっていたり、苦手な味や好き嫌いがある場合も…。

そこで注目を集めているのが、サプリメントの活用です。
中でも、乳酸菌サプリは色々な臨床試験のデータで、花粉症の症状が改善した結果報告が公開されています。

食物アレルギーの人でも摂取しやすいタイプから、好き嫌いの激しい野菜アレルギー(?)の子どもも服用できるサプリなど、商品種類もさまざま。

美容や健康、ダイエットと幅広いアプローチが叶う乳酸菌サプリは、より効率よく手軽に花粉症対策に取り組めます。

医師が処方する薬とは違うため、食べ物による花粉症対策の効果を高めるには「継続」が重要です。
毎日無理なく、摂り入れていくなら便利な乳酸菌サプリメントも、ぜひ活用してみてください!

乳酸菌サプリも要チェック
花粉症の症状改善データがある乳酸菌はどれ?
花粉症緩和報告のある乳酸菌を含むサプリメントを確認→

-乳酸菌の効果とは?

Copyright© 本当に効く乳酸菌サプリ☆売れ筋おすすめ腸活サプリランキング【菌活2018年版】 , 2018 AllRights Reserved.

ベビー乳酸菌 春が好き