【乳酸菌ライフ】美容と健康に!オススメ腸活菌活サプリ2019年

腸内フローラの悪玉菌が優勢になっていると、野菜やヨーグルトをいっぱい食べても、理想の腸内環境に届きません。腸を笑顔にするには善玉菌を増やすこと。このサイトでは売れてる乳酸菌サプリをご紹介しております。効くサプリでポッコリお腹をぺったんこに!

赤ちゃんの夜泣きに困るイラスト

乳酸菌の効果とは?

赤ちゃんの夜泣きは乳酸菌で改善できるって本当?

更新日:

乳酸菌サプリは成人のみが使うものではありません。
使用目的として思い浮かべるのは、便秘や下痢のような腸のトラブルではないでしょうか。
しかし、意外なことに赤ちゃんの夜泣きに乳酸菌がいい効果をもたらすこともあるのです。
それは乳酸菌の中に夜泣きの原因である大腸菌を酸や抗生物質で排除することができる菌株が存在するからです。
ならば赤ちゃんへ積極的な投与を行えばよさそうですがそういうわけにはいきません。

赤ちゃんは成人のように抗原(広く言えば自分の体が拒否反応を示すもの。微生物や化学物質など)を排除する免疫システムが未熟であること、甘さのような強い食味への暴露が正常な味覚の形成を阻害するため、希釈したり無味のもの投与するなどの配慮が必要です。

夜泣きの原因と乳酸菌の関係、そして選ぶべき乳酸菌サプリの特徴について説明します。

赤ちゃんが泣く原因は乳児疝痛の可能性も

赤ちゃんの夜泣きに困るママ
赤ちゃんの突然のギャン泣きに困ったことはないでしょうか。
赤ちゃんは言葉を発することができないので、どうして泣いているのかを聞きとることができません。
赤ちゃんが泣くのは痛みに対するアピールも含まれています。
赤ちゃんが感じる痛みには乳児疝痛(にゅうじせんつう)や副鼻腔炎(ふくびくうえん)があって、微生物の感染が原因です。
これらとは別に空腹、儀空腹や恐怖心(悪夢からの覚醒、部屋が暗い)などでスキンシップを求めているだけのこともあります。

赤ちゃんと乳酸菌の関係

乳児疝痛を持つ赤ちゃんは健康な赤ちゃんに比べて腸に生息するLactobacillus(ラクトバシルス)の数が少ないことが確認されています。
ラクトバシルスは乳酸菌の一種で、生後2年間の腸内フローラ形成の過程で、乳酸菌とBacteroides(バクテロイデス)のような常在菌よりも大腸菌のような病原菌の腸管への刺激が強い状態が腹痛の原因です。
副鼻腔炎もまた細菌感染症の1つであり、Moraxella catarrhalis(モラクセラ・カタラーリス)などの混合感染によるものです。
腸への乳酸菌の補給には乳酸菌サプリも有用です。

乳酸菌が健康にいいのは、特定の乳酸菌の産生する酸や抗生物質、乳酸菌固有の細胞壁成分やDNAによって説明されています。
これらを乳酸菌の有用因子といい、数ある乳酸菌株から有用因子を持つ乳酸菌株を探索して商品化しているのです。
乳酸菌サプリには生菌を用いるものもあることから、酸や抗生物質が体内で産生されることが作用機序の1つです。
病原菌に対する防御には酸と抗生物質が有用です。
注目する細菌の産生する抗生物質がどのような病原菌を標的とするのかを抗菌スペクトルといいます。
細菌は細胞壁の構造によってグラム陽性菌とグラム陰性菌の2種類に分類されます。

乳児疝痛をもつ赤ちゃんに用いる乳酸菌サプリに求められることは病原性大腸菌を抑制できることです。
そして、グラム陽性菌から陰性菌まで幅広い抗菌スペクトルを持つこと、生体で消化酵素での分解を受けにくく安定であること、至適pHが広く乳酸との共存下でも推奨される有用因子の活性が維持されることが乳酸菌そのものやサプリとしての優劣を決定します。
乳酸菌の細胞壁構造やDNAも各菌株に固有の成分で、生体内で強力に免疫担当細胞を誘導する菌株がサプリとして使用されています。
酸や抗生物質のように生きている菌が産生する必要がないので、死菌体にして必要な部分だけを精製した乳酸菌をサプリとして商品化されているものもあります。

細胞壁成分やDNAは免疫担当細胞数のバランスを変化させます。
乳児疝痛による夜泣きは、花粉症のような免疫細胞のバランスとは無関係で、抗菌物質で免疫反応よりも早く病原菌を抑制するシステムの方が改善には大切なのです。

乳酸菌サプリで夜泣き改善ができるかも

乳酸菌サプリの有用性は大きく分けると乳酸菌の産生する物質と乳酸菌がもともと持つ菌体成分の2つです。
産生物質は酸と抗生物質で、菌体成分とは菌体外の細胞膜に付加する糖やタンパク質と細胞壁、菌体成分は菌体内のDNAです。
プロバイオティクスとして効果が期待される特定の成分名を示さないのは、有用物質を特定し、新規物質として決定していないことが多いからです。

つまり、使用している乳酸菌株が症状に有効かそうでないかで商品化しているものが多いということです。
効果に信頼があり、評判の良い菌株については後で詳細に有用因子を決定し、特許を取るという方針です。
現在はただ害が無いものを市場にばらまいて効果のあるものをスクリーニングしているのが現状です。
菌体成分は細胞の生死により変化します。

生きていなくても活性はありますが、損傷した有用因子の活性は非常に弱く、必要な活性を得るために多数の菌体を使用しています。
たとえ死菌体であったとしても多数の抗原(ここでは死んだ菌の集団)を摂取することは医学的には推奨されません。
乳児疝痛の原因は病原性大腸菌なので、生きている乳酸菌サプリを選択する方が賢明です。

参考:夜泣き改善乳酸菌サプリ
チャイルドヘルス

-乳酸菌の効果とは?
-

Copyright© 【乳酸菌ライフ】美容と健康に!オススメ腸活菌活サプリ2019年 , 2018 AllRights Reserved.

ベビー乳酸菌 春が好き